暗記法と記憶力

記憶術.com

記憶術を習得する

記憶術

記憶術とは、大学受験や資格試験の暗記科目対策や仕事で何か覚えることが必要な人にお勧めの技術です。記憶術には、やり方があって、それを学び、実践すれば身に着けることが可能です。特別な才能や能力は必要なく、普通の学生や会社員の人でも記憶術を習得することができるのです。


藤本式記憶術

記憶術

記憶術の世界で有名な藤本憲幸の記憶術です。書籍などでご存知の方も多いかと思います。動画による解説とテキストで学びます。全額返金保証が付いているので安心して試せる教材です。

 

⇒ 全額返金保証あり!

記憶術


ジニアス記憶術

記憶術

任天堂DSソフト「右脳を鍛える」で知られる川村明宏が監修した記憶術です。ジニアス記憶術専用のトレーニングサイトとマニュアルを利用して身に着けます。記憶術が初めての方にお勧め。

 

⇒ 全額返金保証あり!

記憶術


ユダヤ式記憶術

記憶術

東大大学院卒の松平勝男が監修した記憶術です。覚えたいことが長期で記憶に残り、必要なときに思い出せる、応用が効く記憶術、受験勉強や資格試験に向いている記憶術になります。

 

⇒ モニター読者価格!

記憶術


新・原口式記憶術

記憶術

原口證が監修した記憶術です。記憶の世界記録保持者としてマスコミにも取り上げられているので知っている人も多いかと思います。新・原口式記憶術はDVD動画による解説になります。

 

⇒ キャッシュバック特典!

記憶術


東大式記憶術とは?

今回の記事では、東大式記憶術という試験に使える暗記のための学習ノウハウを紹介したいと思います。東大式記憶術は、浅田哲臣という東京大学卒の学習アドバイザーが考案したものです。小さな子供でも習得できるくらい簡単な記憶法です。受験や資格試験の暗記科目対策に有効です。東大式記憶術を元に作成されたケアマネ試験一発合格脳プログラムという教材があります。福祉関連の資格であるケアマネージャーの試験に一発合格を目指すための学習プログラムになります。ケアマネ試験一発合格脳プログラムの作成には、東大式記憶術の浅田哲臣だけでなく、現役のケアマネージャーを務めている山口あやこが監修に携わっています。ケアマネの試験に一回で合格するために東大式記憶術のノウハウを駆使しています。何も難しいものではないので、福祉関係の仕事をしていて、ケアマネージャーの試験にチャレンジする人は、東大式記憶術を習得してみることをお勧めします。

記憶術についてのコラム

かつては、紙が稀なものであり、印刷技術もなかったことなども影響し、古代ギリシャなどで記憶術や暗記術というものが使われていました。記憶術と呼ばれるものには、イメージ記憶術と呼ばれるものがあります。イメージ記憶術とは、覚えたいことや単語を感覚やイメージと関連付けて覚えるという方法です。この感覚やイメージ、また空間的認識や音楽を司る役目をしているのが右脳であり、この右脳を活性化させることによって覚えていくという方法です。例えば、栗・トマト・たこ・にんじん・ネギという単語を覚えるとします。次に人間の体をイメージし、頭に大きな栗がのっている、目がトマトになっている、首にたこが巻き付いて、にんじんがおなかに刺さり、足がねぎになっているといった具合で、実際にはありえないことですが、このように強烈なイメージと関連付けて覚えることで印象に強く残り、記憶として残ります。これが記憶術としてのイメージ記憶術です。このような記憶術は、受験を控えた学生や資格取得に向けて勉強している方などに活用されています。

 

※画像はイメージです。商品そのものではありません。


ホーム RSS購読 サイトマップ